枯山水ガイド

枯山水で使用する石の種類

2020年4月26日

枯山水の代表的な要素のひとつは「石」です。

枯山水で使われる「石」の種類をまとめてみました。

枯山水で使用する石の種類

枯山水における「石」とは?

枯山水とは、水を一切使わずに大自然を表現する日本庭園の様式の1つです。

水を使わないかわりに、石や砂、苔を使います。

したがって、枯山水において「石」は重要な要素の1つで、欠かせないものです。

「石」は単独で使われることもありますが、複数の石を組み合わせることが多いです。

複数組み合わせて石を配置する手法を、石組といいます。

枯山水では一体どのような種類の石が使われるのでしょうか?

枯山水で使う石の種類

小さな石

小さな石は、川や池を表現することに使われることが多いです。

大きな石(岩のようなもの)

日本庭園における岩のような大きな石を、景石、庭石と呼びます。

枯山水で使用する砂利の種類は?
枯山水の構成要素

続きを見る

  • この記事を書いた人

かなを

ボードゲームがきっかけで枯山水に出会い、好きになり、枯山水に巡ることが趣味になりました。 いつか枯山水のお庭があるマイハウスを建てるのが夢です。

-枯山水ガイド

© 2020 枯山水めぐり