京都府の枯山水庭園

高台寺庭園の枯山水

2020年6月21日

高台寺庭園の枯山水

高台寺庭園は京都市東山区にある枯山水を取り入れた庭園として高い人気があります。京都には数多くの枯山水庭園がありますが、高台寺庭園にはどのような見どころがあるのでしょうか。高台寺庭園の全体的な様子を紹介した上で、枯山水庭園の美しさを楽しむ上で押さえておくと良いポイントを紹介します。

高台寺庭園とは?

高台寺庭園は豊臣秀吉の正室であるねねの寺としても有名な高台寺に広がる庭園です。高台寺は国が指定する重要文化財となっていて、境内に広がる池泉回遊式庭園は小堀遠州が手掛けたもので、国指定名勝および史跡として高い評価を得ています。臥龍池と偃月池の二つの池を際立たせるように石と緑を巧みに使って雄大に仕上げられているのが特徴です。方丈前庭は枯山水庭園になっていて、現在でも丁寧に手入れをされて生きた姿を見せています。

高台寺庭園にある枯山水の見どころ

広大な池泉回遊式庭園も高台寺庭園の見どころですが、実際に高台寺に足を運ぶと方丈前庭に広がる枯山水庭園にまず目を引かれるでしょう。高台寺が観光スポットとしても人気が高いのは、枯山水庭園にあるシダレザクラの美しさに魅了されるからです。石庭の中心に一本のシダレザクラが堂々と存在している力強い姿が見どころです。春先には桜の華やかさとウマスギゴケの青々とした雄大さ、真っ白で美しい波紋の施された石庭がコントラストになります。花の時期が終わると色合いの違う緑の鮮やかさと石庭のコントラストが映えて新しい美しさが生み出されます。落葉後もどっしりとした存在感のあるシダレザクラの幹と白い砂の対比が美しく、四季折々の楽しみ方ができるのが魅力です。

枯山水では石や苔などの重視されているポイントがいくつもありますが、美しさを見出す上で欠かせない要素になるのが方丈です。高台寺の枯山水庭園は建物との対比も見どころです。曲線で柔らかな姿を描き出している石庭に対し、まっすぐのラインを描いている方丈の対比には風情があります。石庭の白と曲線を起点にして、色彩と形状という二つのポイントを押さえながら全体を俯瞰してみると高台寺の枯山水の本当の美しさが見えてくるでしょう。

高台寺庭園のまとめ

高台寺庭園には桃山時代に手掛けられた池泉回遊式庭園が広がり、方丈前には色彩と形状を巧みに使って美しく風情がある形に仕上げられた枯山水庭園があります。枯山水庭園のシダレザクラの人気が高く、四季折々の美しさを見せてくれるので見逃さないようにしましょう。

高台寺庭園の住所・アクセス

庭園名 高台寺庭園
住所
アクセス
電話番号
開園年月日
開園面積
開園時間
入園料
  • この記事を書いた人

かえで

ボードゲームがきっかけで枯山水に出会い、好きになり、枯山水に巡ることが趣味になりました。 いつか枯山水のお庭があるマイハウスを建てるのが夢です。

-京都府の枯山水庭園

© 2020 枯山水めぐり Powered by AFFINGER5